読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

リボンをきゅっと

"好き"を抱きしめて生きていく

朝が来るまで終わる事の無いダンスを

生意気ではありますが、

私の大好きなグループ・Especiaについて書かせてください。

f:id:pon__pon__pon:20170310001744j:image 

 

高校3年生の時、最後のテスト期間中

どうしても勉強したくなくて

何故かいろんなアイドルのPVとかをYouTube

ひたすら観てた。

関連動画から飛んで飛んで飛んで…

(みんなもこういうのよくあるよね)

 

そんな先で見つけたのがこの動画

Especia「ナイトライダー」横浜ベイブリッジで踊ってみた - YouTube

f:id:pon__pon__pon:20170310122318j:image

 

まずこの曲を聴いて、今までに無い衝撃っていうか、すぐに『コレだ』って思った。

あまり音楽のジャンル詳しくないから上手く書けないんだけど、都会とか夜景が似合う曲調がすごく好きで。

(キャラに合ってないからあまり大声では言えないんだけど)

まさにこの『ナイトライダー』って曲は私の"好き"にばっちりにハマった。

 

『Especia…こんなイケてる曲を歌うアイドルがいたんだ…!』

"楽曲派アイドル"ってカテゴリーを知ったのも

この時で、新しくて素敵なものを知れてすごく嬉しかった。

 

テスト期間中にまさかの発見。

テスト勉強放ったらかしてEspeciaの事を調べた。

 f:id:pon__pon__pon:20170309235749j:image

(あんなカッコいい曲歌ってるのにビジュアルが謎すぎる…!)

ナイトライダーの動画を見た時から何故かずっとヒョウ柄の女の子(一番左)が気になってた。

 

このヒョウ柄の女の子がのちの私の推し

脇田もなりちゃんf:id:pon__pon__pon:20170310000430j:image

 

私が検索して一番最初に見たアー写は初期のものだった。Especiaを知った当時の最新ビジュアルはこれ。

f:id:pon__pon__pon:20170310000759j:image

奇抜なファッションしなくても十分魅力的だなとアー写を見ただけでそう思った。

 

もう少し調べてみたらEspecia、ちょうどメジャーデビューをしていた。(当時:2015年2月)

 f:id:pon__pon__pon:20170310001340j:image

 

ミニアルバム・DOLCEの4曲を聴いてシビれまくってた私、DOLCEから一気に飛んでPrimeraの楽曲達を聴いた。

どの曲もそれぞれ良さが出てて素敵だった。

特にSecurity Lucyのもなりちゃんの歌い方が良くて。

最初誰が誰の声だかわかんなかったから、何度も聞いててそのうちもなりちゃんの歌い方がすごく好きな事に気が付いた。

 

PrimeraからGUSTOとかAMARGAとか過去の作品を一曲ずつちゃんと聴いていって、どの曲も素敵で私にとってはハズレ曲が一曲も無くて、

"自分と歳が変わらない女の子達がこんなカッコいい曲を持ってる…スゴイな"

Especiaの事を『カッコいい曲持ってるお姉さん達』っていつの間にか、在宅ファンながらも尊敬の眼差しで見てた。

 

『ライブ行ってみたいな…生でこんな良い曲達聴けたら最高だな』

そう思ったけど、周りに女子ドル好きな子が居なかったし、その時は1人でライブに行くなんて考えられなくて、行きたい気持ちが凄く強かったのに『行かない』って選択肢しか選べなかった。

リリイベやツアーで自分の地元までEspeciaが来てるけど、Twitter見るだけで『見てみたかったな…』っていつも思ってた。

 

そんな事が何度かあって、時が過ぎ

2016年1月17日

信じられない発表があった。

Especiaの活動拠点が大阪から東京へ。

そして、脇田もなり・三ノ宮ちか・三瀬ちひろの3人が二月末でEspeciaを卒業。

 

大好きだったもなりちゃんがいなくなっちゃう。ちかぶぅも三瀬さんもいなくなっちゃう。

せっかく悠香ちゃんと絵莉加ちゃんがEspeciaに残る選択をしてくれていたのに、一瞬『EspeciaがEspeciaでなくなるんじゃないか』って思って悲しくなってしまった。

 

『このまま直接5人のEspeciaに会えること無く、終わっちゃうのは嫌だ』

そう思ってた矢先に、私の住んでいる名古屋でのリリースイベントの開催のお知らせがあった。

いつもだったら『行く勇気ないな…行きたいけどやめておこう』で終わっていたけど、

"もうそんな事言ってられない。行かなきゃ"

 

恥ずかしいとか慣れてない場所だから緊張するとか、たかがリリースイベントかもしれないけど色んな事思いながらリリースイベントのある名古屋PARCOへ足を運んだ。

ずっと見てみたかったEspeciaを見た時、5人がスゴくキラキラして見えた。

その時丁度リハーサルでNo.1 Sweeperを歌っていて、悠香ちゃんと目があった気がした(笑)

"あ、青色でポニーテールの悠香ちゃんだ!本物だ!"ってすごく気持ちが高ぶったのを覚えてる。

 

いつも行ってるジャニーズのコンサートと比べたら規模はもちろん小さい。だけど私にとってその時だけはPARCO前のイベントスペースがナゴヤドームかのように思えた。(笑)

そのぐらい、初めてEspeciaに会えた事が嬉しかった。

ミニライブの後の特典会も緊張しながら参加して、やっと初めてEspeciaと話した。

『寒かったですよね、お疲れ様でした!』って緊張しながらその一言を絞り出した。

 

リリースイベントが終わった後、

『さっきの最初で最後のEspeciaかな、なんか嫌だな、まだまだライブ見てみたいな…』って考えてて、その2月あまり予定を入れていなかった私はとんでもない事を思い付いた。

 "そうだ、東京行こう"

地元でやっているライブにすら緊張して行けなかった私『今、Especiaに会わなきゃ絶対に後悔する』って気持ちが私の背中を東京に向けて押してくれた。

Especiaに会いたかったし、1人で遠出する事に憧れてたからもう今しかないと。

 

そうして私は2/13,14、初めての一人旅をした。

2/13は渋谷のタワレコでリリースイベント

2/14は渋谷のチェルシーホテルっていうライブハウスで朝食ライブ・Hotel Estrella

 

前に友達と渋谷を歩いた時、自分がどこ歩いてるのかわかってなかったのにこの時の私は我ながらたくましかったと思う。(笑)

くるかなを聴いて、少し天気の悪い早朝の渋谷を1人で歩いたのが良い思い出。

 

1人東京計画、これだけでは終わらなかった。

2/28、恵比寿ザ・ガーデンルームで開催されたHotel Estrella -check out-にも足を運んだ。

もう1人で新幹線に乗るのも怖くなかった。

ライブ後の特典会で悠香ちゃんに褒められた。

 

ここで卒業する3人と会えるのが最後だったから、たくさんありがとうって伝えた。

大好きなもなりちゃんには『絶対に歌手として戻ってきてね』って伝えた。今それが叶ってるからスゴイ。

悠香ちゃんと絵莉加ちゃんには"東京行っても絶対に応援するよ、また来るね!"って伝えた。

"きっとすぐに会えるだろうな"って2人には期待を寄せて、そして3人の姿を忘れないようにと目に焼き付けて会場を後にした。

 帰りの新幹線で聴いたOver timeがすごく染みた。

 

3月になって、卒業した3人だけじゃなく悠香ちゃんと絵莉加ちゃんまでTwitterのアカウントが消えてしまって、とても驚いた。

4月になればまた戻って来るだろうなって思ってたけどなかなか新しい発表が無くて、『Especia本当にまた始めてくれるのかな』って不安になってしまったりした。

 

そして6月、Especia再始動のお知らせ。

Especiaが帰ってくる、それだけですごく嬉しかった。どんな風にまた楽しませてくれるんだろうと胸を躍らせながらまた東京へ向かった。

 

6/25、実は私の好きだったジャニーズのイベントが同じ東京であったけどそんな事はどうでも良かった、Especiaに会いに行かなきゃって気持ちがかなり大きかった。

そしてライブ本番、今までEspeciaから聞いたことの無かった雰囲気のメロディ。それは新しい海辺のサティだった。

私の知ってる海辺のサティじゃない…!その時の胸の高鳴りは最高潮に達してた。

 

そしてステージに現れたのは黒の衣装をまとった悠香ちゃん、絵莉加ちゃん、そして新メンバーのミアちゃん。この3人が新しいEspecia。

悠香ちゃんと絵莉加ちゃんの前髪が最後に会った時から伸びていて、"あぁ、ちゃんと時は流れてたんだ"って思った。

新しい海辺のサティ、新しいEspecia。 

第2章が始まった実感が湧いてきて、思わず海辺のサティを聴きながら少し涙が出た。

海辺のサティを歌い終わった後、また初めて聴くような音楽が流れる。

Saviorという新曲だった。

Savior

Savior

  • Especia
  • J-Pop
  • ¥200

 

今までのEspeciaとは違って、また新しい良さを魅せてくれた。

もなりちゃんの居ないEspeciaを寂しく感じてしまった事もあったけど、前に進もうとしている3人を応援したいと強く思った。

 

これからEspeciaはもっともっと進化して、曲もメンバーも長く愛されるグループになる気がするって勝手に思ってた。

これからもライブに足を運んで常に新しいものを魅せてくれる所を見たいって思ってた。

 

だけど今年の1月17日、去年の発表と同じ日にEspeciaから発表があった。

3月末で解散。

仕事帰り電車の中でこの発表を見て、涙が出そうになった。色んな気持ちが込み上げてきた。毎回ライブに足を運ぶ事は出来なかったけれど、毎回パフォーマンスが良くなっていってるって話を見て、確実に3人は前に進んでいると思ってたからとても悔しくて。

どうして終わっちゃうんだろうって。

 

去年の9月にもなりちゃんが歌手になって帰ってきた。もなりちゃんもEspeciaも大好きだから同じぐらい前に進んで頑張って欲しかった。

Especiaが前に進んでくれなきゃ、私は寂しいし悲しい。

この発表があったとき、自分はEspeciaの今までいたメンバー・曲、何もかもが好きで憧れていた事に改めて気が付いた。

まだEspeciaを知って2年ぐらいしか経ってないけれど、Especiaは私の夢・憧れだったんだって。

 

私が綺麗で歌が上手かったら、Especiaのメンバーになってもしかしたら解散を止められたかもしれないとかくだらない事を考えてしまうぐらいしばらく解散を受け入れられなかった。

(正直今も受け止めたくないけど)

 

心に穴が開いてしまった気分が続いたまま数週間経って、Especiaの解散インタビューが掲載された。

http://www.billboard-japan.com/special/detail/1840

 

そのインタビューの中での絵莉加ちゃんの言葉。

"解散というのは悲しい結果ではありますけど、私たちメンバーも頑張って前に進んでいきますし、Especiaが終わってもEspeciaの音楽は最高に素敵なので、曲はずっと愛され続けていってほしいので…………Especiaは終わるけど、Especiaの曲はずっと好きなままでいてください。"

 

解散発表があってから、ずっとEspeciaの解散が受け入れられなくて、やるせない気持ちがずっとあった。どうして?って気持ちが大きくて腹立たしさまであった。

だからって、私たちファンはどうする事も出来ない。解散を止める事なんてきっと難しい。

だけど絵莉加ちゃんの言葉を聞いて

出来ることを見つけた。

 

Especiaの曲をずっと好きでい続ける事。

Especiaの事をずっと忘れない事。

そして、最後は"ありがとう"って気持ちを込めて笑顔で見届ける事。

 

私はこんな素敵なグループに出会えて幸せだったと思う。

 

幼稚園の頃、モーニング娘になりたい!…なんて言って友達に笑われた事があった。

今は…Especiaになりたいかな、なんて(笑)

 

Especiaが終わっても、Especiaは私の憧れであり夢です。

これまでEspeciaだった人達、そして悠香ちゃん・絵莉加ちゃん・ミアちゃんが素敵な人生を歩めますように。

 

そして、朝が来るまで終わる事の無いダンスを