愛はおしゃれじゃない

これ以上無い!ってくらいに

明後日ばかり見てる君へ

去年の11月ぐらいからSexy Zoneが気になってあっという間に大好きになって、もう3月。

 

Sexy Zoneを好きになってからはとにかくヲタ活が楽しくて、5人が平凡な毎日を輝かせてくれたから今まで以上に時の流れが早く感じるようになった。歳取ったかな(笑)

 

2017.3.26

大好きなSexy Zoneの5人に初めて会いに行ってきた。

 

いつだって大好きなアイドル達が自分の住む名古屋に来てくれるのはほんっとに嬉しいし、コンサートの日に普段遊んでる街を歩くだけでも楽しくなる。

この日はあいにくの雨で、すごく冷えてたけどそれすら笑って許したくなるぐらい5人に会えるのが嬉しくて楽しみで仕方がなかった。

 

一体どんなものを魅せてくれるんだろう。

胸を高鳴らせて幕が開くその時を待っていた。

 

そしてついに開演。

 

"本当に今日5人に会えるのかな?""本当に会場にいるのかな?"なんて、コンサートの日は決まってそんなことを考える私。

今回は今まで以上に好きな人に会える嬉しさが大きくて、信じられなかったから、ステージに現れた素敵な素敵な5人を見て、目の前が現実である事の幸せをすごく噛みしめた。

 

"これが俺たちの魅せるSTAGEだ"って彼らの持つ全てをもって示してくれてる事が、初めて見た私にも伝わった気がした。

 

でも魅せるだけじゃなくて、"一緒にこの空間を作ってこうね、ついて来てくれる?"って気持ちも伝わって、やっぱりこの5人はファンとの距離をずっと大切にしてきてるんだなと感じた。

 

いつだってキラキラを私たちに示してくれて、ついて行きたいと思わせてくれるその姿。

アイドルは遠くにいて当然なのに、何故かどこか近くに感じてしまうその姿。

 

この日のSexy Zoneの5人には、あの時大好きだった、ずっと背中を見て憧れを抱いてたあの5人と重なるものが見えた。

 

きっと彼らなら今以上に輝いた景色を私達に見せてくれるはず、素敵な世界へ連れてってくれる。そう確信した。

 

初めて会いに行ったような私にはわからないような辛い出来事が5人やファンの人達にあったんだと思う。

荒波を共にたくさん乗り越えてきたんだと思う。

 

5人とファンの人達で航海を続けてきた船から見る景色はきっと今、光に満ち溢れている。

 

途中からこの船に乗って一緒に進んでいきたいなんて、生意気なことは言えないけれど、5人がどんな時も輝けるように少しでも力になりたい。小さい力でもいいから光になれたらと思う。

 

アンコールが終わったあと、会場に自然とあふれる拍手が聞こえて、もう一度まっすぐな気持ちで好きだという気持ちを大切にして前に進もうとふと思った。

 

明日じゃなくて明後日ばかり見てるような彼らを好きになってよかったな。また会おうね!